テニスの打ち方には種類がある

こんばんは、ブログ作成者のKEIです。

週末はテニスの練習試合があるので楽しみです。天気が良いといいのですが。さて、前回はスポーツで重要なメンタルについて書いてみました。空き時間を使って、メンタルトレーニングやイメージトレーニングを実践することができるので、テニスを上達したい人にはおすすめです。

今日はテニスの打ち方の種類について書いてみようかと思います。テニスの打ち方には、いろいろな種類があります。テニス初心者は覚えるのが大変ですよね。技術も磨かなければいけませんし。バックハンドなど苦手なショットがあると、弱点となり試合では狙われやすいです。苦手な打ち方を作らないようにバランスよく練習する必要があります。弱点克服のためにも、イメージトレーニングは役に立ちます。

スマッシュの打ち方などは、テニス経験者でなくても知っていると思いますが、他にも細かい打ち方がテニスには存在します。ボールをバウンドさせないで、ダイレクトに打ち返すボレーには、ハイボレーとローボレーがあります。打点の高さでハイボレーとローボレーに分かれるのです。また、ネットに近づくためのショットをアプローチショットという言い方をします。ネットにつめることで攻撃態勢に入るというわけです。ただそれだけなんですが、アプローチショットという呼称が使われるのです。横文字なので、意味を理解して覚えないといけません。

僕が苦手だと思うショットは、ロビングです。ボールを高く打ち上げるショットで、相手の頭上を抜いたり、走らせたりする目的で打ちます。ロビングはロブなんて言い方もしますね。他のスポーツで言うループシュートみたいな感じで、相手の不意をつくことができるショットがロブです。ロブの高さや落ちるポイントがコントロールしづらく、相手にスマッシュを打ち込まれたりします。ロブは上手に打たないと、スマッシュを打たれるというリスクもあるということですね。

そのため、ロブの打球のイメージトレーニングを行ったりしています。サービスで使われるスライスサーブやスピンサーブなどは得意なんですけどね。まあ、得意不得意はテニスプレーヤーでなくても、誰にでもあることです。

一番最初の記事で、錦織圭のエアケイについて書きましたが、エアケイも打ち方のひとつです。ただ、一般的にはあまり使われないショットではあるので、僕は練習はしていない打ち方です。

テニスの打ち方の種類について、いろいろと書いてみましたが、詳しく学びたいという人は、下記のようなテニスの打ち方とコツをまとめている情報サイトがあるので、参考にしてみてください。

https://www.tennis-training-practice.com/